3分でわかる!離婚の証拠の集め方

離婚を考えている場合、どのような証拠を集めればよいのか簡単にご説明しましょう。現時点で全てを集めることは困難だと思いますが、取得できる資料はなるべく沢山集めてください。

1.基本となる資料

(1)戸籍

婚姻や子どものことが載っていますので必ず取得してください。本籍地の役所で取得できます。本籍地が遠方の場合には郵送で取り寄せることもできます。

(2)住民票

世帯全員のもので、全事項記載(本籍地、続柄など含む)のものを取得してください。

2.財産分与に関する資料

  1. 不動産(土地、建物、マンション)の登記簿謄本(法務局で取得できます)
  2. 不動産の査定書(仲介業者に依頼すると書いてくれます)
  3. 夫の預金通帳(できればコピーを入手してください。コピーの入手が困難なら、銀行名・支店名・残高などを確認してください)
  4. 夫の給与明細(控除の項目から知らなかった財産が判明することもあります)
  5. 生命保険証券等(解約返戻金の見込額が財産分与の対象となります)
  6. 退職金見込額の証明書
  7. その他、夫名義の財産の資料

財産分与については財産分与を成功させるための3つのテクニックもご参照ください。

3.慰謝料に関する資料

  1. 浮気の証拠(メール、興信所の調査書,クレジットカードの明細書など)
  2. 暴力の証拠(怪我をした写真、診断書など)
  3. その他の夫の有責性を示す証拠

4.婚姻費用分担・養育費の資料

  1. 貴女と夫の双方の源泉徴収票など収入の資料

5.年金分割の資料

  1. 年金分割(年金事務所で「年金分割のための情報通知書」を発行してもらってください。請求手続には自分の年金手帳等、戸籍謄本などが必要です。事前に年金事務所で確認してください。夫が公務員の場合には共済組合などに請求することになります)
  2. 年金分割を行った場合の年金見込額のお知らせ(貴女が50歳以上の場合には見込み額のお知らせも発行してくれます)

新しい人生へ その第一歩を私たちが守ります

初回のご相談は 無料

フリーアクセス:0120-967-330(御予約受付:平日 午前9:30 ~ 12時、午後1時~ 5:30)

相談予約で夜間面談対応いたします。

メールでのご予約は24時間受付

相談の流れ